交通事故にあったらどうする?無料相談先と弁護士がおすすめの理由

不運にも交通事故にあってしまったらどうすればいいのでしょうか。近年、交通事故は減少傾向ですが、高齢者のアクセルとブレーキの踏み間違え事故や、危険なあおり運転など、様々な事故に巻き込まれる可能性があります。

適切な賠償を受けられればいいのですが、トラブルになり困ってしまう場合もあると思います。ここでは、交通事故にあってしまった場合の無料相談先と、弁護士がおすすめの理由を紹介します。

加害者が加入している保険会社

交通事故で怪我をしたり、車が破損した場合、治療費や修理費は加害者が加入している保険会社が支払います。なので、加害者側の保険会社が相談に乗ってくれることがあります。無料で、中にはとても親切に話を聞いてくれます。

ただ、保険会社は加害者側の代理人なので注意が必要です。あくまでも営利目的の組織なので、基本的には自分が得をするように行動します。保険会社側は支払いを少なくしたい、被害者側はなるべく治療費や修理費を貰いたい、というように立場が違います。

加害者側の保険会社に相談するときは、冷静に関係が悪くならないようにしつつ、治療費や修理費の相談はしないというようにしましょう。

自分が加入している保険会社

交通事故にあったときは、自分が加入している保険会社に相談するという方法があります。無料で相談に乗ってくれて、いろんなアドバイスをもらえます。ただ、保険会社の担当者は、損害賠償の専門家ではなく保険契約の専門家です。

損害賠償関係の法律の専門家ではないため、示談交渉などはいいアドバイスがもらえない可能性があります。あくまでも損害賠償の相談ではなく、保険内容の相談までがいいでしょう。

独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)

独立行政法人自動車事故対策機構は、国土交通省所管の独立行政法人です。主に、交通事故防止と被害者の支援をしています。交通事故被害者ホットラインを開設していて、専任オペレーターが個別に無料の電話相談を行っています。

「法律の知識が無く、弁護士に相談したいがどうすればいいか」「交通事故で後遺症があるが賠償はどうなるか」などの悩みに対して、無料で相談先を紹介してくれます。「ホットラインによくあるお問い合わせ」で、どのような相談を受け、どんな窓口を相談したのか事例を紹介しているので、参考にしてはいかがでしょうか。

各都道府県の相談窓口

地方自治体が専用の相談窓口を開設していることがあります。例えば千葉県の交通事故相談所では、専任相談員が無料で交通事故の相談を行っていますし、臨床心理士が月に1回、心のケアに関する相談を行っています。他には、神奈川県でも無料の相談を行っていますし、「交通事故にあった方のために」という冊子を配っています。

普段、自治体に問い合わせるような形で、気軽に相談できるのではないでしょうか。

そんぽADRセンター

そんぽADRセンターは、一般社団法人日本損害保険協会の窓口で、専用の相談員が交通事故や損害保険の相談を原則無料で受けてくれる機関です。

金融庁から指定を受けた中立・公正な機関で、相談者の困りごとの解決をサポートしています。主に、相談者と損害保険会社のトラブルに関する苦情対応や、保険金の支払いに関する紛争を中立・公正な立場で対応しています。

ただ、一般社団法人日本損害保険協会との間で「指定紛争解決機関に関する手続実施基本契約」を締結した損害保険会社しか相談を受け付けていないので、注意が必要です。

交通事故紛争処理センター

交通事故紛争処理センターは、無料で自動車事故にかかわる損害賠償の問題を公正・中立で迅速に解決案を考えてくれる機関です。交通事故の損害賠償問題の解決には、通常は裁判所を利用するのが確実ですが、手続きが難しく時間がかかる場合があります。

そこで交通事故紛争処理センターでは、中立・公正な立場から、損害賠償問題に関する相談や、和解の斡旋を無料で行っています。ただし、損害賠償問題の和解の斡旋が主な業務のため、事故直後の対応に関する相談はできない可能性があります。

法テラス(日本司法支援センター)

法テラスは、経済的に余裕がなくても弁護士に相談や依頼ができる、国が設立した機関です。通常、交通事故にあった場合、相手に慰謝料などを請求します。そのときに、弁護士に依頼すると有利になることがあります。ただ、弁護士に依頼すると、相談料、着手金、報酬などの費用がかかります。

しかし、法テラスを利用することで、無料で相談を受けてくれます。また、弁護士費用の立替制度があり、普通は一括で支払わなければいけない費用が、月々分割で支払うことも可能です。ただし、収入や資産が一定以下でなければ法テラスを受けられません。

⇒交通事故で警察署に相談!そこから相談先について考えた!


日弁連交通事故相談センター

日弁連交通事故相談センターは、弁護士が運営する公益社団法人です。通常の弁護士事務所のように、弁護士が対面か電話で相談を受けてくれます。主に、損害賠償額の算定や、過失の有無、損害賠償の請求方法などの相談ができます。

また、加害者や保険会社との示談の斡旋にも対応しています。ただ、相談時間が10分程度なので、電話では深い相談までできない可能性があります。なるべく、対面で相談したほうがいいかもしれません。

⇒交通事故を起こすと免許の点数に影響が。弁護士に相談することで処分の緩和は可能

弁護士に相談

やはり弁護士に相談するのが確実です。事故が大きければ大きいほど、保険会社の提示する金額と、こちらが請求する金額の差が大きくなります。ただ、弁護士なら誰でも良いわけではなく、交通事故に強い弁護士に相談しましょう。

交通事故の解決実績が多い弁護士であれば、事故があってから賠償の算定、相手方との交渉、保険会社との交渉の窓口になり、有利に交渉を進めてくれる可能性があります。しかも、保険に弁護士費用特約が付いていなくても、無料で相談を受けてくれる法律事務所もあります。

⇒交通事故で弁護士に相談する内容は


交通事故に強い弁護士を探すには

交通事故に強い弁護士を探すには、まずは「交通事故弁護士地域」で検索しましょう。すると、たくさん法律事務所のホームページが出てきます。ただ、「交通事故が得意」とホームページに出ていても、誰でも勝手に書けます。

多くの場合、解決実績をホームページに載せているので、参考にしましょう。ただ、それだけでは足りません。交通事故の中でも、得意分野がある場合があります。交通事故に関する知識や経験があると、賠償額が増額される可能性が高くなります。

後遺症に強いとか、バイク事故に強いなどという弁護士もいるので、自分の事故がどういったものかきちんと知るためにも、まずは無料相談することをおすすめします。